スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷「たばこと塩の博物館」の特別展「エンゼルからの贈り物」見てきたよ

渋谷にある、「たばこと塩の博物館」に行ってきました。
 ◆公式サイト
 http://www.jti.co.jp/Culture/museum/

どうしてたばこも吸わない僕がここに行ったかと言うと、
友人に誘われたからもありますが、森永のお菓子箱の特別展をしてたからです。
tabako_angel_title.jpg
特別展 森永のお菓子箱「エンゼルからの贈り物」
2011/11/3~2012/1/9まで

博物館なので写真があまり撮れませんでしたが、結構面白かったのでエントリー。
場所は、渋谷駅から徒歩10分。

大きな地図で見る

ひっそりとたたずんでます。
tabako_out.jpg

入館料100円を支払い、エレベータで4Fへ。
入り口には森永のお菓子が売っているようなレトロな展示。
ここだけは写真を撮っても良いとのことで撮影撮影。
昭和30年代を再現しているのだとか。
tabako_angel.jpg

昔のお菓子のパッケージもおいてあります。
tabako_okashi.jpg

あとは、撮影禁止だったので写真は無しですが気になったポイントなどを書いておくと、
森永がパッケージを作る時、考えたことが、
「持つことが、開けることが、楽しくなるパッケージを求めて」
「開ける楽しみを追求したパッケージ」


だったそうです。例えば、

●ミルクキャラメルの箱
当時の日本の栄養補助食としても大流行したそうで、
1口大の大きさに切ったことが成功の秘訣だったそうです。

このキャラメルのパッケージには、森永の昔のトレードマークの
エンゼルマークが今も変わらず記載されています。

●チョコフレークのジッパーパック方式(1967)
ペリペリっと開くあのお菓子箱を最初に作ったのは森永。
チョコフレークの画像が無かったのですが、

他の森永のお菓子でもこういう箱の上面中央をペリペリっとあけるタイプは今でも多いですよね。

●くちばしにみたてた取り口 チョコボール(1969)


●おっとっと

昔のおっとっとの箱は、宝箱をあけるような、そういう形状をしていたんですよね。
今は普通の箱になっちゃってますけど。



 ↑これは、明治のお菓子ですが、これも同じ形状ですよね。
やっぱりあける楽しさがあると思います。


●アイスボックス

アイスなのに、コップ形状。途中までは普通にガリガリ食べて、後半はジュース入れて飲んだりしてました。
形状から新しい食べ方を連想させる、すごいパッケージです。

●ウイダーインゼリー

学生時代、試合前にはお世話になりました。
チューっとすえるゼリー。10秒チャージというキャッチコピーもいいですよね。

●おもちゃのかんづめ
これは、言わずもがな・・・。これが欲しくて子供の頃はチョコボールたくさん食べてました。

どれもワクワクしながら食べたお菓子、食べたくなる形状をしたものたちですよね。

うーん、パッケージも奥が深いよね。勉強になりました。

3~2Fは、塩とたばこについての常設展示。
たばこ吸うなら見ていて楽しいだろうな~という展示でした。
吸わなくても楽しめましたけど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : デザイン パッケージ 感想

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ガジェットや新しいもの好きな30代の男性です。

むね

Author:むね
夫婦でiPhone4Sに機種変しました。その辺のレビューもしていきます。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
Amazon
楽天
その他
MoMAstore   リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。